FC2ブログ

アラフォーで勉強に目覚めました

アラフォーでやり直し英語から始めた努力家タイプ。今は医療通訳を勉強しています。地道に気長にかっこいいおばあちゃんを目指します。

Entries

オンラインレッスンを解約しました


帰国後
息子が約3年間ちょっと続けてきたオンラインレッスンですが、
中学に入ってからあまりにも忙しくて
息子の負担が大きいと感じたため解約しました。

3年以上も続けてきたので
毎日受けてないにしても1000回は受けたことになります。

数字にするとかなりの回数ですね。
1回25分だとすると400時間以上になります。

小学生の間は
基本的に毎日受けていました。
主に、こちらの記事を毎日1つ。


こちらは時事問題や最新のテクノロジーなどを取り挙げているので
小学生の割に世界のニュースや
テクノロジー系の知識が豊富だったと思います。

英語力保持教室には行っていませんでした。
週1回通うのと、毎日オンラインレッスン受けるのとどっちがいい?
と聞いたところ、家で出来るオンラインの方がいいと本人が言うので
ずっとそれを続けていました。
(オンラインの方が断然安かったしね(笑))

折角3年以上も続けてきたので
辞めてしまうのはもったいないのですが、

中学に入ってから
とにかく部活が忙しそうです。
次に塾ですかね。

そのため、息子は土日だけレッスンを受けて、
平日は私が受けていたのですが、
私も今はオンラインよりも他の方法で勉強したい感じなので
ちょっともったいないかなと思っていました。

と言うわけで、いったん辞めまして、
英検準一級の面接の勉強を始めたらまた契約しようかな?
とも思っています。


今息子が行っている塾は個人塾で
個別指導主体の塾です。

特別進学校を狙う塾でもないため、
まず中学で準1級を目指す子はいません。
今までもいなかったし、先生も持ってないとか。

やっぱり準1級あたりになると
2〜3級以下の勉強では通用しなくなってくるので、
ここで見てもらうのは無理だろうなと始めは思っていました。

でも、だめもとで話をしてみると
私の要望を柔軟に取り入れてくれる塾で、
英単語と、英作文に取り組んでくれることになりました。


単語はパス単の問題集を使って
毎回テストをしてくれます。
テストも息子用に作ってくれてます。

そして、夏休みから新たに始めたのが英作文。

おそらく息子はリーディングとリスニングは問題ないため、
問題は、単語と作文だと思ったのです。
と言うわけで、この2つだけ取り組んでもらっています。


英作文は
問題集1冊を選び、
その例文を音読・暗唱・書き出しに取り組み、
こちらもテストをしてくれています。

音読・暗唱は私の提案です。
いきなり作文書けと言っても無理だと分かっているため、
とにかくインプットを増やしてから組み合わせられるように
また声に出すことで、体に染みつくようにと提案しました。

どちらのテストも、問題集をそのまま使っているとは言え、
たった一人の息子用に編集して作ってくれるので本当に感謝です。


音読・暗唱は毎日20回以上ということで宿題が出ます。
表を作ってくれて、
先生のチェックが入ります。


これを、もし私が主体で息子にやってもらおうと思っても絶対出来ません。

「何でそんなんやらなきゃいけないの?」

と言って全くやってくれないでしょう。

塾の先生が言うから素直に取り組んでくれています。
毎回のテストが受からないと次の例文に移れません。

そして、進むにつれて頑張りポイントがもらえて
それを貯めるといいことがあるそうです。


そんなわけで、
オンラインレッスンは中止していまいますが、
しゃべること、と言うか
音読暗唱で以前よりもアウトプットは多くなっているため
これで様子を見てもいいかなと思っています。

英作文の暗唱は2次の面接対策にもなりますしね。

そもそも、英語を武器にして生きて欲しいとは全く思っておらず、
ただのちょっとした特技くらいでいいと思っているので、
そんなに頑張らせていません。


なんだかんだで、
やっぱり息子の勉強に関しては他力本願です。


でも、こちらの塾のおかげで
1学期の学校の成績は学年で5位でした。


1年生の頃の英語なんてみんなできるので
英語のおかげで有利だったということはありません。


本人が本当に努力しているのを知っているし、
塾の先生が息子に合った方法で取り組んでくれているのが分かっているので、
息子と塾の先生の努力のたまものだと思います。

そして、私に塾に対して見る目があったのですねぇ(*^_^*)


部活も勉強も大変だと思うけど、
オンラインレッスンを減らしたことで
少しは余裕が出てまた色々頑張ってくれるかなと思います。


と言うわけで、
私も負けずに頑張ります!




ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

kale(ケール)

Author:kale(ケール)
語学の才能は全くなく、地道に努力で少しずつ上達しているタイプの学習者(理系女)です。
英語嫌いで英語とは縁がなく、30半ばまで生きてきました。
こんな私が旦那の駐在に帯同し、アメリカに移住。
アラフォーから真剣にやり直しを始めたかなりのスロースターター💦
約3年間の駐在生活を終え帰国しました。

帰国後は薬剤師として
調剤薬局デビュー
これまた一からのやり直し。
全てがアラフォーからのスタートです。

猫2匹飼ってます(^^)

親子英語もかじりながら、基本は自分の勉強中心にこれからも頑張ります!


【自己紹介】

所有国家資格
◎薬剤師
(現在勤務中)
◎総合旅行業務取扱管理者
(訳あってかなり昔に取得)

英語系試験記録
◎TOEIC:920点
5回目の記録です。
TOEICは900点までと決めていたのでこれ以上やる予定はありません。
◎英検:準1級
1級は自分の目標と異なるため、今のところ受験予定はありません。
◎医療通訳技能検定:2級
通訳士になる予定はないのですが、医療英語全般を学んでいるため1級を気長に目指します。
◎GED
(GED=アメリカ高卒認定試験 )
アメリカで取得
英語というより英語で一般教養
ちなみにこれがTOEICや英検よりも先に受けた始めの英語系試験です。


【子供の紹介】

上の子
そろばん得意な理系っ子です。現地校に通ったのでいわゆる帰国子女ですが、保持教室には行っていないため、話す機会が全くないので微妙です。

下の子
幼児期を現地で過ごしましたが、英語に関しては当時の記憶はほとんど抜けていると思います。
現在英語教室にはちょっとだけ通っていますが効果はあまり期待していません。
自宅でRaz-kidsを毎日読んでいます。


【一応夫の紹介】

私と対照的で全く勉強しません。
努力大嫌いなため、英語勉強しないで勘で駐在乗り切った野生男です。
医療系の研究者(一応博士)
駐在前のTOEICは600点
帰国後も勉強せずになんだかんだで820点
発音も文法もめちゃめちゃだけど、なぜか外人とすぐに友達になれる謎人間です。
飲み屋で外人見つけては無料英会話レッスン受けてます(笑)



アメリカに住んたことあるから英語力上がったんでしょ?と思われるかもしれませんが、住んでいたくらいでは、駐在妻の立場では全くと言っていいほど英語力は身につきません。
私の場合日本で学習するのとほぼ同じ方法で毎日数時間(4~6時間)勉強していました。

現地での会話で度胸はつきましたが、英語力の向上に絶大な効果があったとは思っていません。
話す機会が多少あっただけで、日本でのオンラインレッスンと大して変わらない?
レッスンと違うのは、相手が容赦ないところと、たまに本当に困ったことになるので緊張感があるところでしょうか。


帰国後はすぐに薬剤師として復帰したため、隙間勉強のみですが、地道に続けております。
医療・医療英語がメインです。

今は勉強したいことが多すぎて、仕事、家事、子育て、そして勉強
毎日時間に追われながら頑張る普通のアラフォーです。


★スタプラについて★
現在スタディプラスで記録しています。
名前は同じです。
フォローさせていただいている方は、現在英語か医療を勉強されている方で、記録を公開している方に限らせていただいております。
記録がしばらく更新されない場合、お友達解消させていただくことがあります。
また、プロフィールのない方、目的がはっきりしていない方、100人以上お友達がいらっしゃる方はご遠慮させていただいております。



ブログを応援してくださる方、
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ村ランキング

ユニークアクセス数

アルバム

Twitter始めました

右サイドメニュー

最新記事

あなたの単語力どれくらい?

自分の単語力ってどれくらいが気になる方、 Weblioさんのこちらでチェックできます! 語彙力測定診断 Weblioさんにはいつもお世話になっています。ありがたや

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR