FC2ブログ

アラフォーで勉強に目覚めました

アラフォーでやり直し英語から始めた努力家タイプ。今は医療通訳を勉強しています。地道に気長にかっこいいおばあちゃんを目指します。

Entries

最近取り組んでいること

あけましておめでとうございます。
kale(ケール)です。

いや〜2020年ですね!
オリンピックの年ですね!

皆さんは英語で何かしようと計画してたりしていますか?


私は

YES であり、NO でもあります。

間に合えば何かできるかな〜という感じ。

そういえば、ボランティアの応募をしてましたが、
日数を10日以下で提出したのもあって
残念ながら選考から漏れてしまいました。

始めはボランティアの募集は人気ないとの話だったので
人数足りなければ10日以下でもいけるかな〜?
と思ったんですが、
蓋を開けてみれば大人気でしたね(^◇^;)

でもちょっとホッとしてたりもします。



ところで、最近医療通訳技能検定に受かったご褒美に

MacBook Proを買ったわけですが、

それで色々遊んでいたら、

生まれて初めて

肩こりになりました!!


私ってどんなに勉強してても肩こりにはならない人だったんですよ。


アラフォーになるまで肩こりの経験がないってのもすごくないですか?


肩こりって何?
カチカチ?

って感じだったんですが、


パソコンで遊び始めた瞬間
ひどい肩こりに・・・

こ、これが肩こり!

なるほど!!


恐るべきデスクワーク!Σ(´Д`*)



もしかしたら、勉強ではいつも声に出して音読やシャドウイングいたため、
いい感じに口と連動して肩もほぐされていたのでは?

なんて思ったり。

今はキーボード操作が一番辛いです。・・・


パソコンで何をやっているかというと、
画像?動画?の編集をしたり

あ、別にユーチューバーになるとかではありませんよヽ(´∀`)笑

もともとクリエイティブなことが大好きなので
色々なことを試して遊んでいます。


一応、遊んでいるとはいえ
勉強しているんですが、
なんかスタプラで記録するほどのことでも・・・て感じなので
毎日5時間くらい色々やってますがほとんど記録していません。

っていうか記録を忘れてしまう。


英語ももちろん続けていきますが、
こういう仕事も面白いな〜なんて。

できれば英語プラスでいろんなことができたらな〜と思っています。



そういえば、うちの兄貴はプログラマーなんですよ。
でも、なんだかんだで今は結局独学です。
聞いてもいいんですが、聞くのがめんどくさい?
何がわからないのかの説明がめんどくさいんですね。きっと。

英語もずっと独学だったもんねぇ。


それにしても、ちょっと前まではできなかったことが
今は簡単にできるんですねぇ。

これからは、とにかく自分がやっていて面白いと思うことをどんどんチャレンジしていこうと思います!


医療英語のBookレビューはインスタに続けて更新中です。
少しでも参考になれば嬉しいです(^∇^)ノ


では、今年もよろしくお願いします!




・インスタグラム:kale(ケール)


・Twitter:kale(英語学習中の薬剤師)


・スダディプラス:kale(ケール)



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 
にほんブログ村 
  人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



ブログ開始から6年が経ちました。

こんにちは。

kale(ケール)です。


年末に毎年1年の振り返りをしていたので
年が明ける前になんとか間に合ってよかった。


そして気づけばもう6年か。

始めた頃はブログってすぐ飽きると思ったけど


今年もなんとか存続しておりました。

それは多分、毎年何かしら成長しているからだと思います。


「はじめまして」のカテゴリーで
毎年成長したことを書いていますが、
今年の成長はやっぱり



医療通訳技能検定1級 合格


ですね。


実は、私はこれを英語最後の資格試験にしようと決めておりました。

(まあ、英検1級目指してもいいんですが、もう十分かな…なんて^^;)





英語をやり直しで1から始め
全く話せない聞き取れないから
医療通訳の試験に受かるまで約7年

英語ばかりやっていたわけではないですが、
時間かかったけどアラフォーの割によくやったんじゃない?

と思います。

ただ正直なところ英語を始めた理由が


”仕方なく” でして(^_^;)



実は今までずっと
英語で何をしようという具体的な目標が見えなくて



せめて、旅行とか観光案内とかの趣味でもあったらよかったんですが、
それもなく・・・


(・・・やっぱり英語やる方は
海外旅行とか好きなんでしょうねぇ。)


ならば、仕事で使えそうな英語に絞ろうと思って勉強したら、
今までで一番上達を感じることができました。



少し前までは

通訳の資格
それも医療通訳の1級を目指すなんて考えたこともなかったので

今思えばすごい成長だなぁと素直に思います。
医療の通訳って、すでに通訳のプロが目指すものだと思っていました。
(そう言うわけではなかった)


流石に通訳1級はもっと時間がかかりそうだなと思ったのですが、
これを最後の試験にしようと思っていたから
TOEICなどよりも気合の入り方が違ったのか

2回目の試験で受かることができました(」*´∇`)」



でも、これから通訳士となって仕事しようとは全く思っておらず、
ボランティアでお役に立てるならよろこんで!という感じ。

ただ、なんだかんだで平日の依頼は薬剤師の仕事の関係でなかなか受けることができず・・・

たまーに、薬局で外人さんの対応で役に立ったりくらいですね^^;


あ、あと街中のドラッグストアで
悩んでる外人さんにアドバイスあげたり。

「実は私薬剤師なんですよ〜」と言って
信じてるかどうかわからないけど、
他に英語話す人いないから私のアドバイス聞くしかなく(笑)

いやいや、でもそこで私がいたのラッキーに思って欲しいわ〜。

まあそんな感じでたまに役に立ってます😄



で、じゃあボランティア以外に何もしないのかと言うと
私なりに色々考えておりまして、


たまたまですが、人生というのはうまくできておりまして(?)
ウェルスダイナミクスのプラクティショナーになったことで、
自分は何に向いているのかがよくわかり


自分の強みがよくわかり
これからどう動けばいいのか

そもそも、自分は何をしたいのか?


ということが明確になりまして
今試行錯誤しながら、色々挑戦しているところです。


ちなみに、やりたいことは1年以上前から色々妄想はしていて
案はたくさんあったんです。

そして、今は試験という、ある意味足かせがなくなったので
思いっきり行動に移せるという感じです。



目指すは

「自己満足では終わらない、誰かの役にたつ勉強。」


という感じでしょうか?


近いうちにみなさんにシェアができたらいいなと思っています😁

多分ね・・・💦


私のように、なんとなく英語頑張ってきたけど
いまいち活かせていないという方の参考になったら嬉しいです。


というわけで、


今年も無事自分の進歩をご報告できてよかったです( ^∀^)


みなさんの1年はどうでしたか?


来年も実りのある素敵な一年になりますように



今年始めたインスタで

一番反応の多かったのは

やっぱり試験結果の投稿でした( ・∇・)⏬️


医療通訳技能検定の結果


ですよねぇ😅

TOEICの時もそんな感じだったもんね。



少しでも刺激になったら嬉しいです。



・インスタグラム:kale(ケール)


・Twitter:kale(英語学習中の薬剤師)


・スダディプラス:kale(ケール)



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 
にほんブログ村 
  人気ブログランキングへ


*CommentList

医療通訳技能検定試験 二次試験レビュー2

こんにちはkale(ケール)です。

先日のレビューの続きです。


私は2次試験を2回受けたことがあります。
どちらも1級なので1級のレビューですが、
流れは2級も同じだと思います。


まず受験の流れから説明します。


2次試験を受けるということは
もちろん1次試験が受かっているのが前提ですが、

1次試験は問題が共通なのに対して、


2次試験(面接)は1級と2級とで内容が異なるそうです。


1次試験の結果によって、
2次試験はどちらを受けるのかが変わります。


1次試験の正解率合格ライン
1級:80%
2級:65%


受験票はメールで送られてくる添付文書を自分で印刷して持っていきます。


1次試験は1度受かると
1年以内なら1回だけ免除されます。


年2回ありますが、
1回飛ばして、その権利を次の回(ちょうど1年後)に使うことも可能です。
(私は翌回が都合悪く受けられなかったので、2回後に使いました。)
英検のように1年間3回もチャンスがあるわけではないのでちょっと厳しいですね💦

と言うわけで免除のチャンスは一回だけのようです。


私が受けた二次試験で集まったのは東京会場で20人弱くらいでしょうか?
(午前と午後の部があったみたい。)

今回は2級は別の日に試験があったようで
1級を受ける方ばかりでした。
(人気ないと思いきや人数は年々増えているみたい)


ちなみにほとんどが英語と思いきや
中国語の方も結構いらっしゃいました。


なんとなくですが、中国語を受ける方は
第1言語が中国語の方が多い気がします。
見た目変わらないのでわかりにくいのですが、
話を聞いてると、みなさん中国語なまりの日本語だったので。

逆に英語の方は第一言語が英語の方は余りいらっしゃらない感じです。


試験会場に着いたら
受付を済ませて会場に入ります。

その時に携帯電話を預けました。


待合室で簡単に説明があり、

結構サクサクと試験が始まりました。

というか私は初めの方だったので
そう感じたのかな?😅



いくつもの部屋で同時進行されていたようで、
呼ばれたら、すべての荷物を持って指定された部屋の前に行き

ノックして入室

2〜3mほど向かいに左に医師役
右に患者役の試験官が並んで座っており、

それに向かい合うようにして座ります。


前回は入ったらまず受験番号と名前を言うようにと言われた気がするのですが、
今回は試験前の説明で、まず荷物を置いて、
座ってから受験番号と名前を言うようにと指示がありました。

荷物を横に置き、
筆記用具と、あれば辞書だけを机に置いて
受験番号と名前を言います。
(以前はボールペンが用意されていましたが、
今回から持参の筆記用具を使うことになりました。
実は私はボールペンよりシャーペンの方が書き取りしやすいので、
シャーペンで行いました。)



メモ用紙はすでに用意されており
横に予備の紙も用意されているので
何枚でも使えます。
(以前はお願いしないともらえなかったのですが、
それが時間ロスになると言う指摘があったようです。)


試験開始は自己紹介からで
ストップウォッチはこの時に押されます。
(以前は入った瞬間押されたような〜?)


自己紹介が終わると
早速通訳の開始です。


私の場合医師役の方から

「どうしましたか?・・・・・・」

みたいな内容で始まったと思います。



試験官の話す速さですが、
かなり遅めだと思います。

前回もそうでしたが、
ゆっくり目のCD教材のような感じでした。


また、患者役の方の英語ですが、
1回目の試験の時はちょっと日本語訛り(帰国子女ではなさそう)でしたが、
2回目はとても綺麗な発音だったので、おそらく帰国子女ではないかと思います。

いづれにせよ、外国の方ではなかったです。


大抵、前半で患者役が
かなり長い文章を言い、

後半に医師が長めの説明をすることが多いようです。

だからそのつもりでメモ取りも気合い入れて行った方がいいかもですね。

ただ、今回はそのつもりで行ったら後半にも患者役の長文があって
ちょっとワタワタしました💦


と言うのも、日本語のメモは取り漏れしないのですが
英語の方はメモが苦手で思いの外長くなるとメモが間に合わないのです・・・


医師の手術の説明も長かったなぁ。


「え?まだ続くの?この辺で一回切って!」


と思っても、もう1文続くような感じでした。


私が聞き返したのは
数字が出てきたところと

患者が長々と言ったところ2箇所くらいの
全3箇所です。


前回は、自身ないところもなんとなくで訳して
1度も聞き返さず失敗したので、
今回は確実に行こうと、行けると思ったところも一応数値などは確認しました。


ただ、聞き返したのは前半のみで、
後半になると、微妙と思いつつも時間切れが心配で
勢いで訳したところもありました。


あとは、後半はちょっと波に乗ってきた感じもあったので
そのまま行けたという感じもあります。


ちなみに、以前は大きなミスをするとそれだけでアウトになっていたのですが、
例えば数値のミスとか
病気の名前の間違えとか。

今回から、さすがにたった一つでアウトはないだろうと
それはなくなり、
全体的に9割訳せれば良くなったようです。



ただ9割って結構大変なんですよね😓


例えば
「昨日の朝だいたい10時くらいに、家の近くを30分ほど散歩していたら
急に右足に痛みを感じました。」


と患者が言ったとします。

これ全部1回聞いただけで完璧に覚えて正確に訳せますか?
もちろん、完璧にメモが取れて、ちょっと時間をかけたら誰でも訳せると思いますが、
聴きながらメモを取り、間髪入れず全て落とさず訳さなければなりません。


同時通訳だったら一字一句正確に訳さなくても
要約が合っていれば許されそうですが、
逐次通訳なのでどれか抜けるとチェックが入ります。

私だったら
「朝」「だいたい」 「近く」 「急に」 「右」

この辺りをどこか落としそうです。

実際の試験ではどの程度減点になるかわかりませんが、
こういう細かいところも確実に抜けないように訓練したほうがいいようです。



まあ、現場ではそこまで要求されないと思うんですけどね。
これは試験なので仕方ない😓


私の場合、メモがないと絶対落とすので、
基本的に全てメモで残すようにしていました。


でも、長いセリフを文章でメモを取るのは不可能なので、
自分で記号を決めました。


この記号はどの病気に対しても共通のものと、
今回の試験用に

鎖骨骨折と、痛風用に作った記号もたくさんあります


ただ、この記号を決めても、
実際使えないと意味がないので、
瞬時に記号で残せるようにメモ取りの練習もかなりしました。


だから、話されると基本記号を残すだけで
長い文章も後から再現できるようになりました。



ちなみに、私はこういうメモ取りを習ったわけではないので、
全て独学です😅


これを直前に決めると逆に混乱すると思うので、
かなり前もって決めておくか、
自分の記憶力に頼るかどちらかにした方がいいと思います。


私は記憶力に自信がなかったので、
メモ取り練習に時間をかけました。


リプロダクションが得意な方は
メモとりは頑張らなくてもいいんでしょうけどねぇ。
羨ましいです。



ちなみに、私の訳出は比較的速いそうです。
フィードバックで「テンポが良く訳出が速い」と言われました。

話終わるのと同時にメモを見ながら訳を始めます。
だから時間的には余裕があると思うのですが、
それでもやっぱり時間切れが心配であまり聞き返しができませんでした。


受けた方の話を聞くと
結構時間切れをしたという方がいらっしゃいました。
それを聞いていたので、なかなか聞き返せなかった・・・


でも時間切れを気にするばかり
曖昧な聞き取りで訳してしまってアウトになるより
やっぱり自信がないところは聞いた方がいいと思います。
(私はそれで1回目落ちた・・・)


普通に聞き返すとフレーズの始めから言われて時間が勿体無いので
ピンポイントで聞き返せるように質問の練習もしたおいた方がいいかもしれません。


15分間集中マックスでとにかく機械のように訳すことを繰り返していたら
いつの間にか終わっていました😅


試験終了を告げられたら
荷物をまとめてお礼を告げて部屋を出て終了です。



ちなみに、ドレスコードがありまして、
まあ、奇抜な格好でなければ問題ないと思いますが、
地味な清潔感のある格好がいいそうです。


女性はスーツがいいそうですが
私はグレー系のスカートと白いブラウスに黒のカーディガンで行きました。
でも問題なかったです。
でも女性はスーツが多かったなぁ。

男性はスーツでなくてもいいそうですが
カジュアルフォーマル?

ジーンズはアウトだそうです。


また、靴はコツコツ音がしないローヒールがいいそうです。
会場によっては音が目立って減点になるとか。





と言うわけで、
ほぼ独学で無事1級合格することができました😊


私は学校に行っていたわけではないので
受ける前にこういった情報がなく
誰か教えてくれないかな〜と思っていました。


なので少しでも参考になれば嬉しいです😁


今度機会があったら
どんな勉強をしていたのかアップしたいと思います。
もしご質問がありましたら
覚えている範囲でお答えしますのでどうぞ☺️




⏬️ 試験前にやっていたこと

40%がロープレ用原稿作り

40%が自分で録音した原稿を使ってロープレ

20%がメモ取り練習という感じでしょうか。


 

↑クリックするとインスタに飛びます。


・インスタグラム:kale(ケール)


・Twitter:kale(英語学習中の薬剤師)


・スダディプラス:kale(ケール)



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 
にほんブログ村 
  人気ブログランキングへ


医療通訳技能検定試験 二次試験レビュー1

こんにちはkele(ケール)です。
もうすぐ年末ですね。

前回1次試験のレビューをしましたが、
忘れないうちに2次試験のレビューをしようと思います。

ちょっと長くなるのでいくつかに分けて投稿していきます。



まず、2次試験は何をするかというと、


実際に「通訳」をします。


2次試験は試験数週間前に
病気のテーマが発表されます。


今回は1ヶ月以上前だったのでだいぶ早かったですね。
私が1回目に受けた時(1年前)はもっと遅かったです。
毎回発表時期が違うと公平ではないので、
今後は1ヶ月前と安定してくるのではないでしょうか?


その時に2つの病名が発表されます。

今回は
・鎖骨骨折
・痛風

の二つでした。

その前が
・蕁麻疹
・尿路結石症


「病名が発表されるなら

準備ができるから楽勝じゃん!」


と思ったそこのあなた!!



いやいや、結構準備大変ですよ💦


たとえば、今回の鎖骨骨折の場合、

鎖骨骨折が起きた状況を訳したり

手術の方法について訳したり

術後のリハビリについて訳したり

服薬について訳したり

それぞれについて、いくつもの可能性が考えられるため
それら全てについて訳せるような状態にしなければいけません。

既往歴に関しては全く予測不可能だったりするので、
結局基本的な病名、薬などは覚えていないといけないし。


とにかく準備に結構時間がかかります。
2次試験では、厚生労働省の単語リストからしか出ないということはないので
基本的な英語力も求められるんですよね・・・



また、実際医療通訳を仕事として行う場合も
基本的には前もって患者の病気や状態を知らせてもらえます。
(メジャーな病気や、検診などは情報なくても対応できなくてはいけないと思いますが。)

もちろん、救急で対応しなければならない時もありますが、
その場合、内容によってはたとえ1級を持っていようが対応できないと思います。


1級は今のところ最高級ではありますが、
あくまで、メジャーな病気なら救急でもなんとか対応できる。
難しい病気の場合、前もって情報をもらえれば対応できる。

といった感じだと思います。



もちろん、勉強しないで1級取れてしまう方は
どんな場面でも通訳できるすごい人だと思いますが、
そういう方は医療に限らずなんでも通訳できるプロだと思います。


英検でもそうですよね?
帰国子女などは、なんの準備もなく2次試験余裕だったりしますが、
相当準備してやっと受かる人とでは英語力には雲泥の差があると思います。

まあ、それと同じです😓



そういうわけで、
私のように頑張って1級に受かるという方は
前もってかなりの準備が必要かと思います。

どんな勉強をしていたかは
インスタを見ていただければなんとなくわかると思いますが、
その内容についてはまた別の機会に書いてみようと思います。




ちなみに、
今回の試験から辞書が使用可になりました。
電子辞書か、普通の辞書(本)のみです。

だから、携帯は不可!💧

そもそも携帯は会場に入る時に預けます。


私は主にオンライン辞書を使っているので
電子辞書は使いづらいのですが、


正直、そもそも試験中に調べている余裕はないと思います。


なぜなら、時間制限があるのです。


15分。


結構長いと思われますか?
これが意外にギリなんですよね。


この中にはまず自己紹介(もちろん英語)も含めます。
自己紹介の中に、通訳する上で患者さんにお願いしたいことなども言います。

私の場合言ったことは、

「私は〇〇と申します。今回通訳を担当させていただきます。
通訳を始める前にいくつかお願いしたいことがあります。
・まず医師に直接話してください。あなたが言ったことをそのまま訳します。
・正しく通訳するために、できるだけ短いフレーズで切ってください。
・ここで話されたことは一切口外しませんので安心して何でもお話しください。」


主にこの3つだけ言いました。
もっと丁寧な方だと、
「私が手をあげたら話すのを中断してください」とか、
守秘義務に関して丁寧に説明する方がいますが、


まず、実際の試験では
手をあげても止まってくれません。
なぜなら、止める場所が決まっているのです。


お願いしたら止まってくれるかもしれませんが、
印象が悪かったり減点になる可能性があるようです。


だから、試験官が止まったらそこで訳す
それを徹底した方がいいと思います。


メモとりや、記憶力などそう言ったスキルも判定材料にあるため
何度も切るよう要求する場合、その能力がないと判断されてしまいます。


だから、時間制限がある中
この自己紹介でやたら丁寧に言っても時間の無駄です。


また、丁寧に考えすぎていくと、
ここで忘れたり、緊張したりで詰まってしまったりすると印象悪くなったり
減点になってしまう可能性もあります。
それはもったいなさすぎる!!


だから、確実に何も考えずに空で言えるくらいの量にした方がいいと思います。
(長くても30秒くらいがいいそうです)




試験では、試験官の言ったことが聞き取れなかったときは
何度でも聞き返しOKです。
ゆっくり話してとお願いしてもOKです。


ただ、
受けた方みなさんがおっしゃるのは、


「時間切れが一番怖い・・・」


だから、聞き取れなかったからといって
何度も聞き返すことはかなりのリスクになります。


ちなみに、私が初見で過去問にチャレンジした時
聞き返しなく比較的スラスラ訳せた場合、

自己紹介を含めて12分程度でした。


残りが3分もあると思われるかもしれませんが、
長い文章が聞き取れなかったという場合に、
1回聞き返すだけで1分近く取られてしまうことがあるため、
できるだけその時間をとっておいた方がいいと思います。


もし15分超えてしまうと
訳し終わっていなくても、試験はそこで中止になります。


時計で測ることはできませんし、

そもそも、どこで終わりなのかわからなため
時計を持っていても意味がありません😭


というわけで、
重要な内容の時に聞き返せるように
時間に余裕を持たせた方がいいと思います。


う〜ん、
なんか長くなってしまったので
実際の試験の様子についてはまた今度😅






⏬️ 試験前日にやっていたこと

既往歴で何を言われてもいいように、すべての病名を叩き込んでました💦


 

↑クリックするとインスタに飛びます。


・インスタグラム:kale(ケール)


・Twitter:kale(英語学習中の薬剤師)


・スダディプラス:kale(ケール)



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 
にほんブログ村 
  人気ブログランキングへ


医療通訳技能検定試験 レビュー1

こんにちは
kale(ケール)です。


今回はマイナー試験である

「医療通訳技能検定」

という試験のレビューをしていきたいと思います。



まず、この試験についてですが、
詳細はこちら


日本医療通訳協会

主催の民間試験です。



要は、『医師ー患者の間に入って通訳する』

ができることを証明するという試験です
英語以外にも中国語、そのほかいろいろな言語で受けることができますが、
マイナー言語は、ある程度人数が集まらないと開催されないようです。

英語と中国語で受ける方がほとんどみたいですが、
英語についてのレビューをします。



年に2回(春・秋)実施



<必要とされる英語レベル>

*2級
 TOEIC:620以上

*1級
 英検1級 / TOEIC:840以上


<試験内容>

*一次試験:筆記試験

*二次試験:面接(実際の通訳)



になります。

今回は一次試験についてのレビューです。


一次試験は英語はもちろんですが、
医療知識も問われます。




こちらを見ていただければなんとなくわかると思うのですが、
まず、ここに出てくる単語リストの膨大な医療単語は暗記する必要があります。



ここは始めはしんどいと思いますが、
単語さえ覚えてしまえば、ある程度英語ができる方は
あとは医療知識だけです。


でも、半端ない量の専門用語があるので、
このリストを見ただけで拒否反応を起こして辞めてしまう方が多い様子。


そして、単語を覚えても
例えばその部位が体のどこにあるのか、

病気は一体どんな病気なのか


基本リストに載っているものはすべて覚えなければなりません。
なぜなら、ここから出題されると宣言しているので
どの単語が出てもおかしくないのです。



2級なら完璧を目指さなくてもいいと思いますが、
1級を目指すならほぼ完璧を目指した方がいいと思います。



単語の暗記をしていて、
私が一番大変だと思ったのは解剖学ですかね・・・


まず、日本語ですらその単語がどこの部位を指すのかわからないものがあるため、
まずそこから暗記します。

そして、英語でも暗記して、体の部位も一致させて暗記します。


これがまた、結構細かいです。
例えば、尺骨、脳弓、橈側手根屈筋、視交叉、脈絡膜・・・


まずこれらは一体どこにあんねん!!!


ってとこからな訳です・・・


日本語入力ですら変換してくれなかったり、
一般的な辞書には載っていない単語が満載なので、
一つ一つ発音を確認する必要もあり、



まあ・・・大変です。


グーグルさんに聞いても発音間違ってたりするんで信用しない方がいいです。


アプリの「みかん」というのに医療英単語がありますが、
あれも結構発音間違ってました(有料で購入したのに!)
今は直されたかわかりませんが・・・


その辺の外人さんに「発音して!」
って頼んでもあまり信用しない方がいいかも。


だって、日本人だって医療用語の漢字読めないものたくさんありますよね。


英語は英語ですが、単語のルーツが異なるからフォニックスが通用しないのです。



一応私が信用してたのは
アルクの「キクタンメディカルシリーズ」


これ3冊ほど持っているので、
ここに載ってるのはこれを信用し、
ないものはネットで検索。


意外に発音はYouTubeさんで見つかります。
単語発音に特化したチャンネルとかご存知ですか?
あるんですよねぇ。

最近はなんでもYouTubeで検索できて便利ですねぇ。




まあ、発音は一次試験には関係ないのでここではまだいいのですが、
結局二次試験もあるし、

正確な発音分からないとモヤモヤしませんか?

だからやっぱりちゃんと始めに調べた方がいいかなと。





また、書き取りですが、

1級を目指すなら、
ここに出てくる単語は基本的に正しいスペルで書けるようになっていた方がいいと思います。


解剖学ではかなり細かい部位まで書かされます
(選択肢じゃなくて書きます!)



でも、協会から直前に、ここかここかこの辺りから出します!
と予告されます。


なので、全て覚えなければいけないというわけではないのですが、
直前に予告されてから覚えられる量ではないと思うので、
やっぱり前もって完璧にしておいた方がいいんじゃないかな?
と思います。



それから、病名は選択肢が多いのですが、
これまた数問、書かされる問題がありました。


だから、結局病名も全て書けるようにした方がいいかと・・・



というわけで、リストに載っている単語は
基本、読める、書ける、場所がわかる、病態がわかる

にしておけば、かなり1級は確実に取れると思います。



この他に翻訳の問題もあります。

英語→日本語
日本語→英語

両方あるので、単語だけじゃなくて基本的な英語力も必要です。



この時、私のネックだったのは、漢字・・・
やっぱり、試験なんで漢字間違えたらダメだよねぇと思いつつ、
流石にひらがなで書くのも・・・という感じだったので、
試験では英語+私の場合漢字能力不足で苦労しました・・・



内容的にはどこかの専門書の記事とか、
医療ニュースの記事とかそんな感じの内容です。


ちなみに、この翻訳の問題も「この辺から出ますよ〜」
と、協会から予告が出るので、その辺の記事を色々読んで、
使われそうな単語とかはチェックしておいた方がいいと思います。



この辺はもともと翻訳から入った方は有利かもですね。



あと、保険とか法律系、倫理系の問題もあります

この辺はちょっと厄介ですね。
過去問は必ず完璧にしておいた方がいいのと、
厚生労働省のHPもチェックしておいた方が安心だと思います。
特に、外国人の保険制度など最新の内容を調べて押さえておかないといけないと思います。


過去問は協会で購入できます。
ただ、解説はないのでわからないところは自分で調べる必要があります。
正誤問題など、一体どこが『誤』なのかわからないので・・・



ところで、
通学型の通訳学校ありますよね。


どんなことを学ぶのかと何校か確認したところ

どこも時間の半分は通訳の勉強というより
医療知識のための時間だそうです。


だから、医療知識は持ってるから必要ない!
という方だと、もったいないかな。



英語だけに特化した医療従事者向けなんかもあるので
そっちを検討してもいいかもですね。
ただ、そっちは逆に英語レベルが低かったりするのだろうか・・・?



なんとなくですが、この試験を受ける方の背景は
主に3つあると思います。



1. 英語が得意で、すでに色々資格を持っている資格マニア
 もしくは、通訳などで箔をつけたいような元々かなり英語力のある方
 (すでに通訳案内士の資格を持っている方が多い気がします。)

2. 英語を現場で活かしたい医療従事者
 英語力は多少あるが少し得意程度。もしくは全くのこれから。

3. 医療従事者でかつ英語力がかなりある
 (帰国子女だったり元々英語好きなど)


だから、英語力も医療知識レベルも様々かなと。
そういった方が同じクラスに入るので
確かに内容は全員にとって適正かというと微妙かもですね。



ちなみに、私は薬剤師ですが、
そこまでの医療知識はありません。


まあ、しばらくペーパーだったのでね・・・😓
他の若い薬剤師は違うのかもしれないけど・・・

いや、そうでもないな・・・💧


結局私も1から学び直しました。



みなさん、薬剤師なら有利だねとおっしゃるのですが、
悲しいことにこの試験では薬の知識はほとんど問われないので、
そんなに有利ではありません。


医者や看護師さんはもっと臨床に強いと思うのですが・・・



私の場合、多少病態の知識があるというだけで
結局全部調べ直しました。


ここで、「ああ、医療知識なら自分で勉強できる!」

という方は20〜30万もする学校に行く必要はないと思うのですが、


自分では継続できる自信がない。
自分で調べるの嫌だから資料が欲しい!
という方は学校に通うのも手かな。と。


もちろん、学校では通訳の勉強もするのですが、
基本的に教材を使ってロープレするのがメインのようです。


これって、教材持ってたら一人でもできなくはないんですよね・・・


私は、

「うん、一人で全部できる!」


と判断して、学校に行かずに独学で勉強しました。


でも、通われていた方はみなさんと交流もできるし、
ロープレの練習も効率よくできて、フィードバックもあるので
羨ましかったです。


時間とお金に余裕のある方は通われた方がいいと思います。



まあ、一次試験に関して言えば、
できる方は独学で問題ないと思います。
問題は二次試験。



ちなみに、過去問は2年分くらいは研究しておいた方がいいと思います。
古すぎるとかなり系統変わってるので、必ず新しい問題で。


過去問は協会で売っています。
たまにメルカリとかでも出ていることあります😝



試験に使った教材はインスタでレビューしようと思っています。


その方が視覚的にわかりやすいから(*^_^*)




余談ですが、
この試験を主催している協会さん


基本優しいと思います。
(決して回し者ではありません😅)

というのも、先ほど書いたように
前もって色々予告してくれます。


問い合わせも丁寧に対応してくれました。(私は男性の方だった)



落とす試験というよりは、
皆さんに頑張ってほしい!
という思いがあるようなので、
とにかくHPの更新はチェックして、
疑問に思ったらすぐに問い合わせした方がいいと思います。


ただ、メールの問い合わせはすっごい遅かったです・・・


そこだけ不満(もう改善されたかな?)






⏬️ インスタで教材レビューしていきます(*’U`*)


 

↑クリックするとインスタに飛びます。


・インスタグラム:kale(ケール)


・Twitter:kale(英語学習中の薬剤師)


・スダディプラス:kale(ケール)



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 
にほんブログ村 
  人気ブログランキングへ



ご案内

プロフィール

kale(ケール)

Author:kale(ケール)
語学の才能は全くなく、地道に努力で少しずつ上達しているタイプの学習者(理系女)です。
英語嫌いで英語とは縁がなく、30半ばまで生きてきました。
こんな私が旦那の駐在に帯同し、アメリカに移住。
アラフォーから真剣にやり直しを始めたかなりのスロースターター💦
約3年間の駐在生活を終え帰国しました。

帰国後は薬剤師として
調剤薬局デビュー
これまた一からのやり直し。
全てがアラフォーからのスタートです。

猫2匹飼ってます(^^)

親子英語もかじりながら、基本は自分の勉強中心にこれからも頑張ります!


【自己紹介】

所有国家資格
◎薬剤師
(現在勤務中)
◎総合旅行業務取扱管理者
(訳あってかなり昔に取得)

英語系試験記録
◎医療通訳技能検定:1級
通訳士になる予定はないのですが、医療英語全般を学んでいるため1級を取得しました
◎TOEIC:920点
5回目の記録です。
TOEICは900点までと決めていたのでこれ以上やる予定はありません。
◎英検:準1級
1級は自分の目標と異なるため、今のところ受験予定はありません。
◎GED
(GED=アメリカ高卒認定試験 )
アメリカで取得
英語というより英語で一般教養
ちなみにこれがTOEICや英検よりも先に受けた始めの英語系試験です。


【子供の紹介】

上の子
そろばん得意な理系っ子です。現地校に通ったのでいわゆる帰国子女ですが、保持教室には行っていないため、話す機会が全くないので微妙です。

下の子
幼児期を現地で過ごしましたが、英語に関しては当時の記憶はほとんど抜けていると思います。
現在英語教室にはちょっとだけ通っていますが効果はあまり期待していません。
自宅でRaz-kidsを毎日読んでいます。


【一応夫の紹介】

私と対照的で全く勉強しません。
努力大嫌いなため、英語勉強しないで勘で駐在乗り切った野生男です。
医療系の研究者(一応博士)
駐在前のTOEICは600点
帰国後も勉強せずになんだかんだで820点
発音も文法もめちゃめちゃだけど、なぜか外人とすぐに友達になれる謎人間です。
飲み屋で外人見つけては無料英会話レッスン受けてます(笑)



アメリカに住んたことあるから英語力上がったんでしょ?と思われるかもしれませんが、住んでいたくらいでは、駐在妻の立場では全くと言っていいほど英語力は身につきません。
私の場合日本で学習するのとほぼ同じ方法で毎日数時間(4~6時間)勉強していました。

現地での会話で度胸はつきましたが、英語力の向上に絶大な効果があったとは思っていません。
話す機会が多少あっただけで、日本でのオンラインレッスンと大して変わらない?
レッスンと違うのは、相手が容赦ないところと、たまに本当に困ったことになるので緊張感があるところでしょうか。


帰国後はすぐに薬剤師として復帰したため、隙間勉強のみですが、地道に続けております。
医療・医療英語がメインです。

今は勉強したいことが多すぎて、仕事、家事、子育て、そして勉強
毎日時間に追われながら頑張る普通のアラフォーです。


★スタプラについて★
現在スタディプラスで記録しています。
名前は同じです。
フォローさせていただいている方は、現在英語か医療を勉強されている方で、記録を公開している方に限らせていただいております。
記録がしばらく更新されない場合、お友達解消させていただくことがあります。



ブログを応援してくださる方、
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ村ランキング

ユニークアクセス数

アルバム

Twitter始めました

右サイドメニュー

最新記事

あなたの単語力どれくらい?

自分の単語力ってどれくらいが気になる方、 Weblioさんのこちらでチェックできます! 語彙力測定診断 Weblioさんにはいつもお世話になっています。ありがたや

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR