駐在妻(アラフォー)の英語奮闘記

★お知らせ★ スタプラはお友達を募集していますが、名前はケールではやっていません。お友達ご希望の方はPC用トップページのブログサイドにあるプロフィールをご覧ください。

Entries

アメリカで救急車に乗ったときのこと&オンラインレッスン

最近休みが少なくて疲れていたのか
体調を崩し、しばらくのんびり勉強していました。
1日2時間くらいかな?

ところで、
今まで上の子が毎日オンラインレッスンを受けていましたが、
中学に入って、塾に入ったこともあり全く受ける時間がなくなってしまったため
ほぼ毎日私が受けるようになりました。


本当は下の子に受けさせようと思ったのですが、
どうも下はスカイプで話すのが嫌いでダメなんですよね…


まあ、オンラインレッスンは在米中に毎日のように受けていたので
受けることはいいのですが
以前と違ってネタ探しが面倒くさくて。


と言うのも、
折角だから医療英語を学びたいと思うのですが、
なかなかいい教材がネット上にないんですよね…

ちょっとした外来で対応するような例文集とかは見つかるんですが
それを何回もやってもなぁ…


以前は私が医師役となり、
先生に患者役になってもらって
風邪などの簡単なシチュエーションで
受け答えのロープレをしたりしたんですが、
教材などはないので、思っていたのと違う感じで進んだり、
先生が本気で色々相談してきたりで

「そこまでの英語力はまだないよ…」ってな感じで困ってしまうこともあり。


薬剤師だから、薬の相談とかもされて、
まあ、いい英会話の勉強にはなるんだけど、
想定外のことをいろいろ聞かれてしまって
やっぱり困ってしまい…

なんか違うな〜・・・
と思いながら受けていたのですが、
最近やっと使えそうなサイトを見つけました。





どこか海外のクリニックみたいですが、
ここに色々な病気や検査、健康に関する記事がたくさんあり、
日本のクリニックのHPでは考えられないほどの情報があります。

一つ一つが素人でもわかるように解説されており、
でもそれなりに医学的に書かれているので
簡単すぎず、難しすぎず、今の私にちょうどいいかな〜という感じです。


最近使用したのは、

・Acute kidney failure (急性腎不全)


・Febrile seizure (熱性痙攣) 

について。


いい感じに25分で終わらせて、
(と言っても全部読むと10分以上はかかるので読むだけでヘトヘトなんですが…)
英語の勉強と同時に、医療用語の確認と病態の復習が出来るので
今の私にはちょうどいい教材です。


熱性痙攣は
実はアメリカにいたときに下の子が発症し、
私が一人で emergency room に連れて行き
その後、救急車にも乗った思い出があるので忘れられない病気です。


当時は”seizure(けいれん)”という言葉すら知らなかったので、
一生懸命英語で伝えようとしたのですが、


・手足が突っ張って

・目が白目をむいて

・首が後ろに反り返って


などの重要な表現を知らなかったため、
痙攣に結びつけることが出来ず・・・
言えたのは

・名前を呼んでも反応しません。

・天井の方を見つめて動きません。

・嘔吐しました。

・熱が〇〇度ありました。

ぐらいで、後はボディランゲージでなんとか伝えました。


と冷静に書きましたが、
当時はもうパニックです。


医療従事者といえど、
これは実際に体験しないとわからないもので、
知識だけあっても冷静ではいられないんですよね。

頭の中では熱性痙攣?と予測出来ても


でも長すぎない?

違うの?何これ!?

救急車呼ぶ?呼ばない?


どうする?


死んじゃったらどうしよう!!!!


もうそれはパニックです。



でも当時は救急車を呼ぶ勇気がなく
(電話口でうまく説明出来る自信がなかった。今でもないな…)

痙攣を起こしている子供を車に乗せて
救急に駆け込んだのです。


幸い家からすっ飛ばして(時速100kmくらい。でも法定速度です。)
5分ほどのところに救急外来があったのを知っていたため、
なりふり構わず連れて行きました。

とにかくEmergencyという赤い看板を頼りに車を乗り付け
子供を抱えて受付へ。


本当はそっとしておいた方がいいんだろうけど
そうも言ってられず、
とにかく患者を診ればわかるだろ?と担いでいきました。
その間、肩には吐かれるし
まだ意識は戻らずで、

実際何分くらい経ったかわからないのですが、
子供がベッドに運ばれ色々バイタルサインなどをチェックされている最中に急に意識が戻り

子供大泣き!!

泣きたいのはこっちだよ〜
と思いながら少しほっとしました。


泣いている以外明らかに元気になったのですが、
残念ながらそこには小児科がなかったらしく

「専門医がいないから都心の小児科専門病院で一応見てもらった方がいい。」

と言われてしまい。

「その場合、途中で何かあるとまずいから
救急車手配するけどいい?」

と聞かれ、


救急車って日本と違ってすごい高いんだよね・・・

やっぱり熱性痙攣だと思うからもう大丈夫だと思うんだけど・・・

でも、連れて行った方がいいと医者に言われてしまうと断れず、
車を置いて救急車に乗って1時間ほど離れた小児科専門病院へ。



その間、救急車はサイレンは鳴らさず
法定速度で向かいました。

なんだよ〜。これだったら救急車じゃなくても自分で運転していくし。

と思ったけど、

一応、途中何度か血圧やら何やら測ってました。

ほんと一応って感じで・・・


緊張感はなく。
あまりに手持ち無沙汰だったため、

折角だから英会話に利用するか。

と救急スタッフに話しかけたりしたんですが、
当時はまた渡米2年目くらいで
たいした英語は話せず沈黙の方が長かったですね…

で、小児病院について
色々聞かれたけど専門的すぎてわからず・・・

とりあえず医師が診たところ。



「うん、もう大丈夫みたいだね。

帰っていいよ。」


と・・・


え〜〜〜!?

そんな気はしてたけどー!!

こんなに苦労してきたのに、
帰りの足ないのに!

折角だからもうちょっと何か検査とかしないの?

子供はジュースやらお菓子やらもらってご機嫌でしたが
私はもう心身ともにヘトヘト・・・


旦那に迎えに来てもらって深夜に帰宅したのでした。


ちなみに、
救急車の請求は



な、なんと

$10,000,000 !!


せ、せんドル〜〜〜〜!?



日本円で約10万円じゃないですか!?


何も治療されてないのに、

救急車乗った記念に10万円!?



でも、幸い保険がしっかりしていたので
全て保険でカバーされました。

これを思うと、
日本の救急車も¥1000位は取ってもいいんじゃない?
って思いますね。


その後も1度熱性痙攣が起きましたが、
2回目は冷静に見守りました。

もちろんその後小児科に連れて行ったけど。

おかげで

”seizure”という言葉は一生忘れないでしょう。



ちなみに、オンラインレッスンではこの話をして
たまたま先生が看護師だったため
なかなか深い、内容の濃いレッスンが受けられました。

当時、これくらい話せたら
あそこまでパニックにはならなかったかもなぁ・・・。


ところで
小さな子供に起きるメジャーな疾患

「熱性痙攣」


出産したお母さんには
全員に熱性痙攣の実際の映像を見せておいた方がいいよ!

他の疾患と違ってインパクト強すぎるから!

文章で読むのと実際体験するのじゃ全く違うから〜!


と心底思います。



ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)

スポンサーサイト

私がもっと頑張っていない下の子の英語

前回の記事を書いた後、勉強を再開し
なんとか1日で8時間勉強しました ✌︎

今日も3時台から勉強を開始し、
家族が起きてくる前に3時間以上勉強しました。

今回は、こんな努力家の母とは対照的な下の子の話です。


下の子は小学校庭学年です。

一応アメリカ滞在時期はありますが、
ほぼ赤ちゃんだったため、
ほっとんど記憶にありません。

少しだけプリKに通った時期もありますが、
まあ、そのときの英語はほぼ抜け落ちています。

義務教育を3年間英語で受けた上の子と違い、
下の子は帰国子女ではありません。


そんな娘ですが、
折角なので一応英語をやらせています。

と言うのも、親も兄弟も英語ある程度出来るのに、
一人だけ全くわからないというのも可哀想かな?と思い、
こちらはあまり頑張らずに英語に取り組んでいます。
(あ、上の子も頑張ってないか・・・)


何をやっているかというと、
時間的に多い順から行くと


・ヒアリング(アニメ見てるだけ)

・リーディング(ほんの5分で終わる量)

・たまにスピーキングライティング


です。

ヒアリングはCSで英語のチャンネルをいくつか契約しています。
そのチャンネルを見るときは英語で見る約束になっており
1日1〜2時間ほど見ていると思います。

リーディングは10〜20P程度の話を音読しています。
今読んでいるのはアメリカでよく売っている本の
Level2の辺りです。

細々とずっと読ませてきたので、
このレベルなら、所見でもなんとか8〜9割程度正しく読めます。

ただ、語尾が怪しいです。
上の子と違い、感覚で時制や人称を理解しているわけではないので
s, es, edなどが抜けていたり曖昧に読んでいます。


スピーキングは家ではほとんどなしです。

私が英語で話しかけても

「わかんないから日本語で言って!」と

わかっていても拒否します。

ライティングも家ではやっていません。

スピーキングとライティングは
週1回通っている英語スクールのみです。
たったの2時間なのでほとんど期待していないのですが、
そこはライティングの宿題が出るのと
ゲーム感覚で楽しそうなので通わせています。

本人も毎週楽しみにしています。
(宿題は毎回嫌がってますが…)


そんな感じで、
かな〜り緩いです。

それでも、全くやらないよりは
常に英語が身の回りにある環境を作るだけでいいかな〜と思っています。


というのも、
これまた下の子の性格に合わせているのです。

上の子はノルマがあれば頑張るタイプ。
学校の宿題は帰宅後すぐに済ませます。

上達を実感すると自分から努力するタイプです。

どちらかというと私に似てるのかな?



対して娘は旦那に似ています…

とにかくめんどくさがりです。
努力は大嫌いで、
極力面倒なことから逃げようとします。
やらなきゃいけない宿題もギリギリまで後回しして
最後に泣きながらやるような子です。


だから、親が一緒にやる場合、
うまくいくわけないのです。

リーディングは嫌いで
たった5分程度なのに
どうしても気分が乗らないとか、
余裕がないときはやらない日もあります。

英語教室は楽しいので自分から行きたがります。


ただ、やりたいことだけやって、
嫌なことから逃げるという子にはなって欲しくないので、
あんまり頑張らせない代わりに、
よほどの理由がない限り、リーディングは毎日少しでもいいので続けさせています。

何か一つでもいいから
毎日頑張って続けてみよう!

と言ってやらせています。
たった、5分程度なんですけどね。
なぜそこまで拒否するのか?
と思うほど意味なく嫌がるときもあります。

それを見て上の子は
すぐ終わるんだからとっととやればいいのに・・・(-_-)
と呆れ顔です。


ほんと兄弟でこうも違うのかと思うのですが、

こんな下の子も
学校では英語が出来る子と思われているようで、
そういうときに

「毎日少しずつでも続けて頑張っているからだね〜。
今辞めちゃうともったいないからこれからも頑張ろう!」

と言ってなんとか続けています。



あと5〜6年したら
英語やってて良かったな〜って思うかな?
それまで続くだろうか?


まあ、難しい算数の問題をやらせているわけでもないし、
難しい漢字を覚えさせているわけでもない。

そういう後からでも十分身につく教科のいわゆる英才教育とは異なり、

英語だけは吸収に適した時期が
義務教育の取り組みと合っていないと思うのです。

一応義務教育の方針もどんどん変わってきてはいますが、
それでもいくら方針が変わっても
教える方がついて行けていないので
結局はあと十数年は変わらないんじゃないかな〜と感じます。

とにかく教師のレベルが低いですよね・・・

だから、早くに始めるべきと思っているので、
ちょこちょこ嫌がっても、なんとか継続してやっていこうと思います。


ちなみに、下の子が好きなことはお絵かきと工作です。
こういうのだけは長時間集中して頑張るので、
こっちを伸ばしてあげた方がいいんだろうなと思い
お絵かき系のグッズをたくさん与えています。

そうはいっても、芸術では天才以外生きていけないので
それなりにお勉強頑張って欲しいです。

そうそう、そろばんも頑張っています。
これはなかなか好きみたいです。
先生が褒め上手だからな。

やっぱり教育は外注した方がうちはいいようです。



ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)


*CommentList

私が頑張っていない子供達の英語

今日は朝4時から勉強始めて、
さらに休みなので、昼前ですがすでに約5時間ほど勉強しました。


と言うわけで、息抜きにブログを少々・・・


あ、一応ちゃんと家事もやってますよ!
今日は朝からお風呂のカビ取りを徹底的に行ったため
鼻の嗅覚がおかしくなっています(笑)


ところで、最近子供達のことを書いていなかったので、
近況について書きたいと思います。

タイトル通りなのですが、
私は自分の勉強はいくらでも頑張れるのですが、
(好きでやってるし)


子供達の英語の方はあまり頑張っておりません。


でも!!

ちゃんと色々考えてはおります!


というのは、子供達の性格がわかっているため
頑張らせておりません。

上の子は中学に入り、
環境ががらりと変わりました。

そしてソロバンを減らし
塾に通い出しました。

ソロバンは本人の意思で辞めたくはないそうで、
行ける日にはソロバンに行きたいそうです。

このストイックさは私に似たんだな・・・


でも、まだ塾の重要性は全く理解していません。
そりゃそーだ、今まで適当に勉強していて、
順位も何もなかったし。
悪くても怒られることもなかったし。

でも、今度は高校受験に向けて勉強しないといけません。

ちなみに、小学校でよく言われたことがあるのですが、

「折角英語ペラペラだし、算数も得意なんだから中学受験すればいいのに。」

と。

でも我が家は全くそんな気はありませんでした。
それは、子供の性格をよくわかってるから。

つまり、予定を詰め込んで忙しくなるとダメなんです。
ある程度余裕が必要なんです。
(まあみんなそうだと思うけど、うちは特に。)


今は無理させるときではない。
本人が望むなら別だけど、
生活を乱してまで受験をさせると何かが潰れてしまう。

と思ったからです。

まあ、そもそも私が中学受験が必要とは全く思っていないのと、

何よりも
受験自体が面倒くさい。
入学してからも面倒くさい。
という親の都合もあります。

高校はさすがにある程度のところに行って欲しいため、
塾に行かせることにしました。
以前から長期休暇だけ講習に参加させていた塾です。

ほとんど広告を出さない地元の個人塾です。

周りの同級生は、チラシバンバン入れてくる有名塾に通わせています。

でも、色々吟味した結果、

私は個人塾を選びました。

もちろん先生や、教室の雰囲気も確認しました。

大手と違って、クラス分けなどなく、
行きたい時に行きたいだけ行って、
好きなだけ勉強出来る、
個別でどんどん進められるアットホームな塾です。

私もこういう個人塾に通っていたのですが、
私は断然グループ指導より個別指導の方が伸びると思っています。
私が塾講師をしたことがあるからそう思うのもあるかもしれません。

大手でクラス分けしているのもいいのですが、
そうすると通学に融通が利かず、制限が出来ちゃうんですよね。



小学校の頃は、
息子は放課後はそろばんがメインでした。
本人が自主的にほぼ毎日通っていました。

そのため、英語は準1級を受けさせようと思っていましたが、
途中から中断し(私も面倒くさかったからなんだけど…)
オンラインレッスン一本に絞りました。

それでもレッスンだけはほぼ毎日ちゃんと受けていました。
そこでは、子供用のニュース記事を毎日1つ読んでいたのですが、
それでは準1級は受からないのです。

まず、語彙が子供に必要ないものが多く
文中に出てくるとなんとなく意味がわかっても、
語彙だけの選択肢が並ぶと子供にはわからないのです。

そもそも、帰国時は日本語より英語の方が強かった位なので、
まずは日本語を標準にしなければいけませんでした。

今ではすっかり日本語の語彙が他の子に追いつき
特に問題はありません。
ちょっと難しい日本語も覚えてきました。
アホな日本語もかなり豊富です(笑)

そして、中学からは英語が本格的に始まり、
英検に取り組む子も増えてくる。

と言うわけで、

準1級を始めるのは今だ!

と判断したわけです。

塾ではとにかく語彙の暗記をさせてもらってます。

長文は読めるし、リスニングも問題なく、
とにかく語彙力と作文力なんです。
作文は元々苦手なためかなりハードル高いので
まだ取り組んでいません。


もちろん、小さな個人塾で英検準1級を受ける子なんていません。
先生も持っていないそうな・・・

でも、日本というのは素晴らしい教材がそろっており、
いくらでも独学で出来るのです。

息子にぴったりだと思う教材を先生に渡し、
先生から息子にやるように息子に渡してもらいました。
(母の企みというのは秘密です)

アプリと連動して使えるので、
発音も独学で学べます。

さすが個人塾、
息子のためだけにテスト問題を作ってくれて、
しっかり進めてくれます。

大手だったら、こんなオーダメイドは無理でしょう。


そして、やはりこういうのは親ではダメなんです

甘えが出てしまうのと、
親が褒めるのと、他人が褒めるのとでは
全然効果が違うのです。

息子は宿題などはきっちりやる派です。
やらないと気が済まない。
ただ、親がやりなさいと言うのはどうでもいい・・・


だから、
親子英語でどんどん勧めているご家庭はすごいな〜
といつも感心します。

どんだけ子供が素直なんだろう?

どんだけ向上心のある子なのだろう?

どんだけ親は忍耐強いんだろう?

そして、どんだけ面倒見が良いのだろう?


きっとうまくいっている親子は
もともと親子関係もかなり良好なんだろうな。
そして、それが出来るだけの能力を
親子ともに持っているんだろうな。

と思うのです。

私には到底無理です。
そもそも、私の忍耐が続かない。

まあ、まだ子供なんで、
無理矢理だったら厳しくやって
いくらでもやらせることは可能だけど、
きっと、うちの場合後々しわ寄せが来ると思うのです。

親子関係にも亀裂が入るかもしれないと思うのです。

やりたくない子供に
無理矢理やらせるのはとてもしんどいと思うのです。

で、うちの子はやりたくない派。

かろうじてオンラインレッスンは
流れでうっかりやっちゃってるけど(笑)

辞めていいのなら辞めたい。

やりたくないと文句を言うほどじゃないけど、
やらなくていいならやりたくない。という感じです。

だって、本人が今必要性を感じていないから。



ただ、それでも

「英語を続けさせるのは親のエゴだから、

英語はすっぱり辞めて

好きなように、のびのびと生活していいよ。」

とまでは思いません。


それは、もし私だったら
大人になったとき、なぜ折角の英語力を保させてくれなかったんだ?
と思うと考えるからです。

そして、現地で他の子よりもたくさんの本を読んで
努力で英語が上達したのを知っているからです。


ここで、子供の「面倒だからやりたくない」という気持ちを尊重して
全くやらなくてもいいというのは
ちょっと違うと思うのです。


「英語なんてまだ学校で習ってないものをやらせて可哀想。」

なんて言う方がいますが、
それこそ、「私って子供の意思を尊重する素敵な親だわ!」
と自己陶酔しているだけのように思ってしまうのです。

そもそも語学ほど早い方がいいものはないですしね。
発音能力が固まってしまった後で
正しく発音しろという方が可哀想。

まあ、泣いて嫌がるほど嫌だったり、
遊ぶ時間を減らしてまでやるんだったら辞めた方がいいと思いますが・・・



塾も本人は本当は行きたくないでしょう。
だって面倒くさいもん。


でも、将来の子供の選択肢を広げるためには

もう行かせないと、と言うタイムリミットだと思って
行かせることにしました。


もちろん、本人にはちゃんとその必要性を説明して、
理解した上で通っています。

そして、今からやっておけば後で自分が楽になると思っているようです。

息子は好きな食べ物は後に残すタイプなので、この作戦はうまくいきました(笑)


そして、結構楽しいようです。

春休み中に「もう前期の数学終わった〜!」と達成感を味わった様子。

この調子で数学メインで頑張って欲しい!



英検も、中学になるとみんな受けるという知識もあり、
受けるなら準1級だから、

しかたないからやるか・・・

という感じで受け入れています。



と言うわけで、

無理矢理ではなく、

自然な形で取り組んでもらっています。

英検は今年受けさせようとは思っていません。


まあ、出来れば2年生くらいで受かってると受験にかぶらないから楽だろうね〜
と言う軽い感じです。


もし準1級に受かっても、
1級は本人に任せます。

私自信が1級は目指していないし
(前にも書いたけど、それなりの理由があります。)

1級は相当本人の意志が固くないと受からないと思うからです。

高校になってから、
又は大学になってからでも、
本人が受けたいと思ったときに受ければいい。


それよりも、もっと必要なことはたくさんあるから
と言うか、高校受験ならぶっちゃけ2級でもまあまあでしょう。

と言うわけで、
何が何でも受からせよう!

と言う気持ちはありません。

塾に丸投げで、
あとは本人に任せようと思います。


まあ、かっこいいこと(?)言ってますが、
私が面倒なだけですね・・・



部活が始まるとオンラインレッスンを続けるのも危ういのですが、

ただ、何らかの方法で英語は続けてもらう予定です。

続けられるように
環境だけは整えようと思います。

それくらいしか出来ないから(^^;)



と言うわけで、私は自分の勉強に戻ります!
今日は久々に8時間出来るかな?


ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)





翻訳機の進化で通訳士はいらなくなるのだろうか。

こんにちは。

新年度が始まりましたね。


上の子が中学に入学しました。
と言うわけで、今まで封印していた(私がサボっていた)
英検準1級の勉強を始めてもらっています。(塾に丸投げ)

そのことについてはいずれ・・・


ちなみに、私の勉強状況ですが、

3月の勉強時間は109時間45分


1日あたり約3時間25分

でした。

前半飛ばしていましたが、
後半は春休みに入ってしまったためあまり時間が取れませんでした
まあ、子供が小さいうちは仕方ないですね。


ところで、今日は最近あるCMを見て考えたことを書きたいと思います。



少し前ですが、

あるCMを見て、ハッとしました。


それはたしか”イリー”という翻訳機です。


場面がちょうど救急車の中で


「痛い・・・」


"It hurts."


ってやっていましたね。


まあ、この程度の翻訳で誰もびっくりしないと思いますが、


確実に機械の翻訳機能が進化する中、
通訳者というのは今後どうなるのだろう?と。



翻訳者もそうですが、
今は機械はまだまだ正確に訳すことはできていないと思うけど、


AIがどんどん進歩して、
膨大なデータから学んだら・・・


将来的には人間が訳すのと同じように
臨機応変に、そして人間よりも正確に訳すようになるのだろうか?



実際に、今後なくなる職業の中にランクインしてますよね。

「そうはいっても、たかが機械に人間と同じように訳せるわけない。
実際訳せていないじゃん!」


と今は思われているかもしれないけど


そのうち機械が人の微妙なトーンの違いや
皮肉や冗談も理解するようになるのだろうか?

相手の気持ちを考えて言葉を選ぶようになるのだろうか?



数十年前には考えもしなかった技術がどんどん現実となってきて、

今は

「まさか機械がそんなことまでできるようになるわけないじゃん!


と思っていることも
できるようになっちゃうんじゃないかな〜?と思うのです。


そしたら、今私が一生懸命やっている勉強はどうなるのだろうか?


私が何十回と勉強して覚えたことを

機械はあっという間に学んでしまう・・・


そして忘れない・・・

まあ、私が現役の間は
もしかしたらまだ機械が人間に追いつくことはできないかもしれないけど、
次世代はもう通訳者なんて職業はなくなるのかな〜?


ただ、それとは裏腹に
義務教育はどんどん英語を重要視していますよね。


通訳は間に入って訳すため、機械が代わりに訳しても正確に訳してくれるなら人でも機械でもどちらでも問題ないですが、


そもそも本人が話せれば通訳はいらないわけで、

機械も必要ないわけで、

話すときも時間差なく本人同士が話すので誤解も生じず、
それはそれで、とてもスマートだからやはり第2言語の勉強は意味があるのかな?と思いました。


ただ、結局通訳が必要となった場合、
機械がどんな言語も自動的に訳してくれるようになったら
人を雇うこともしなくていいのでかなり経済的ですよね。

やっぱりそのうち通訳士の需要は極端に減るのかな〜と感じます。

それでも、とても特殊な分野、訳すのが難しい分野ではいつになっても必要なのかな?


昔から言われていることだと思いますが、

これからは英語が話せるだけではダメ。

英語で何が出来るのか?

そういったことがやっぱり重要になるのかな?とひしひしと感じます。



だから、"一応バイリンガル"の息子にもずっと言っています。


英語が話せるだけでは全然すごくない。

日本人が日本語話せるのと同じ。


英語を強みにして生きていこうなんて甘いよ!

英語はあくまでサブだから、

英語以外に得意なものを作らないとダメだよ!



と言うわけで息子はソロバンを頑張って

英語とは別の強みを見つけました。

昔から理系脳なので、このまま理系の道を進んで欲しいです。




私はどうか・・・と考えたのですが、

一応今は医療通訳士を目指しています。

だから、将来的には需要は少ないのかな?

ただ、それと同時に医療従事者本人でもあります。

だから、薬のことなら私が通訳を必要とせずに説明できれば
それはそれでこの勉強は役に立つのかな?

あとは、現場ではやっぱりどうしても機械では難しい通訳ってありますよね。
例えば、操作や動作が関係してくる場面。

薬だったら、吸入器の使い方
「ここを引っ張って、ここにこれをセットして、こうやって・・・

医療現場では、検査時の説明。
「ここに顎を乗せて、このあたりに腕をこのように当てて・・・」

などなど、人が動作を交えながら説明するのはやはり機械では無理だろうなと思います。
だから絶対なくなることはないだろうけど、

それでも減っていくんだろうな〜・・・



ただ、私の場合
これをメインの仕事にしようとは思っておらず、

「私、実はちょっと英語もできるんですよ〜。えへへ。」

くらいの軽い感じでして、

(の割に覚えが悪くて勉強量が多いですが…)


つまりは、



"ちょっとかっこいい薬剤師"


を目指しております。



他にも、


"ちょっとかっこいいお母さん"

も目指しておりまして、
(ペラペラの息子は未だに私の方が上だと思っています(笑)あえて訂正はしませんが。)


最終的には

"ちょっとかっこいいおばあちゃん"

を目指しております。


そして、年を取ってもボランティアなんかで活躍できたらな〜という気持ちがあります。


数学も得意なので

子供が巣立ったら塾講師なんかもやってみたいな〜。
(大学生の頃はバイトしていました。)

そのためには、点数ではなくて、
実力が必要なので地道に頑張っているのですが、

将来必要なくなるなんて考えると悲しくなるので、
常に

"ちょっとかっこいい○○"

を目指して続けていこうと思います。

まあ、
「少し英語出来るくらいじゃ全然かっこよくないよ!」
と言われそうですが、


私的には英語でも他の言語でもスマートに話せたらかっこいいな〜というイメージがあるので

私がそう思えるならいいかな?と言うわけで
外野の意見は気にせず頑張っていこうと思います。



皆さんの原動力は何でしょうか?



今後の語学社会はどうなっていくのでしょうか。

いつか翻訳機がすごいことになって

「昔の人は自分で苦労して外国語を勉強してたらしいよ。
今はどの言語にも機械が同時通訳してくれるから必要ないのにね。
昔の人は大変だったんだね〜。」


なんて会話があるかもしれないですね・・・


ちなみに、私がアメリカにいた頃の翻訳機能は酷かったです。
余計に話がわからなくなるので全く使いませんでした。

よく、私のためを思って翻訳機で訳したものを見せてくれたりしたんですが、余計に意味わからず、原文を見せてもらって納得なんてことが多々ありました。

ただ今は
当時の翻訳機能が酷くて良かった!と思います。
もし翻訳機能が素晴らしかったら、
ついつい頼ってしまって、今ほど 
"自分で話そう!"と頑張らなかったかもしれません。


何はともあれ、
ちょっとかっこいいおばあちゃんを目指して
引き続き頑張ります!




ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)

*CommentList

最近仕事で英語が役立ったときのこと

今月の勉強進み具合ですが、

現在1日あたり4時間20分ほどで推移しております。

そのうち2時間は朝勉によるものが多く、
やっぱり朝勉様々です。
一番集中できるしね。

仕事に行っているので、
仕事前に1.5〜2時間やって、
帰宅後に子守をしながらトータル2時間くらいできたら調子いい感じですが、
実際は、休日に6〜8時間ほど勉強しているので
それによりやっと平均4時間越えをしているような感じです。

まだまだ引き続き頑張ります!


ところで、最近・・・
というか数週間前ですが、
また英語が仕事で役に立ちました。
(仕事は薬剤師です)

以前も中国人のおじーちゃん相手にちょっと英語で対応しましたが、
相手の英語も微妙だったので役に立ったのかどうかと怪しいという感じでした。

でも今回はバリバリのアメリカ人!(?)

出身は違うかもだけど、
聞き慣れたアメリカンイングリッシュでした。

始めは英語話者だと知らなかったのと、
受付をなんとか通過したということは
ある程度は日本語ができるのだろうということで日本語で対応していました。
(外人だからと言って、何語かわからないし、日本語が堪能なのにあえて英語で言う必要はないので、基本的に様子を見ます。)

でも理解度はいまいちで、
私がゆっくり

「これが咳止めで・・・」

と話していたら

”cough” とメモっていたのです。

と言うわけでとっさに

”Do you speak English?"

と聞いたら、相手がびっくりして "Yes."と。

以下は英語で言っていた内容です。

"そうなんですね。じゃあ今から英語で説明しますね。"

"風邪をひかれたんですか?
これが咳止めで、
これが去痰剤で、これが解熱鎮痛剤。
この薬は熱にも痛みにも効きます。
頭痛、咽頭痛、関節痛などです。

どれも1回1錠、1日3回毎食後に服用してください。

これは鼻水やくしゃみなどに効くアレルギーの薬で
1回1錠、1日1回、就寝前に服用してください。
24時間効果が持続します。
眠くなることがあるので注意してください。"

"I see."

"こちらは抗生物質です。
1回1錠、1日2回、朝と夕食後に服用してください。

今まで薬に対してアレルギーを起こしたことはありますか?"

"No"

"抗生剤は症状がなくなっても・・・"

"ああ、知ってるよ。途中でやめちゃいけないんだろ?"

"そうです。きちんと5日間飲みきってください。
他のお薬は症状によって中止しても大丈夫です。

他に服用しているお薬はありますか?"

"No"

"全部で○○円です。"

"カードで払いたいんですが。"

"一回払いでいいですか?
サインと暗唱番号どちらがいいですか?"

"サインでお願いします。"

"こちらにサインをお願いします。
こちらが領収書です。お大事に。"

"ありがとう。"


以上です。


なんてことない、ちょっとした服薬指導ですが、
多分1年前ではこんなにスムーズにはできなかったでしょう。

1年前は英語は準1級
TOEICは800点代後半でした。

それでも、医療英語や
接客のスピーキング力は全く別の技術だと思うので、
例え1級を取っていても、990点取っていても
知らない表現は知らないのだから、
理想の対応はできないでしょう。

もし単語自体は知っていても、
話す訓練をしていないと、とっさに口から出てこないでしょう。

まあ今回程度のことはできるかもしれませんが、
ちょっと複雑な説明が必要だったりすると
たどたどしく、
片言の説明になっていたと思います。

とりあえず、
今回はずっと医療英語をやっているおかげで
言いよどむこともなく、スラスラと対応できました。

正直、今取り組んでいるのはもっと複雑な医療通訳なので
(手術の説明や、救急などの通訳についても勉強しています。)
この程度はいつでもどんと来い!という感じです。



やっぱり英語は訓練ですね。

何度も何度も音読して、暗唱して
しっかりと身に染みついたフレーズ達を
組み合わせて話す。

なんだかんだで
元々語学が苦手だった私の場合
この反復が一番確実だと感じております。


だから、
時間はかかりますが、
確実に力がついてきていると思うので
地道に今の勉強法を続けていこうと思います。

頑張ります!


ブログを応援していただける方、ポチッとしていただけると嬉しいです:)


*CommentList

ご案内

プロフィール

ケール

Author:ケール
英語大嫌いで、英語とは縁がなく
30半ばまで生きてきた理系女です。
こんな私が旦那の駐在に帯同し、
アメリカのサウスカロライナに移住。
1からのやり直しを始め
約3年間の駐在生活を終え
帰国しました。

親子英語もかじりながら、
基本は自分の勉強中心に
これからも頑張ります!


【自己紹介】

所有国家資格
◎薬剤師
(現在勤務中)
◎総合旅行業務取扱管理者
(訳あってかなり昔に取得)

現在の英語レベル
◎TOEIC:920点
TOEICは900点までと決めていたのでこれ以上やる予定はありません。
◎英検:準1級
中学生の時取得した3級以来の受験で取得しました。
1級は自分の目標と異なるため、今のところ受験予定はありません。
現在は資格よりも、使える英語を目標にし、仕事で使える医療英語を中心に頑張っています。
◎GED
(GED=アメリカ高卒認定試験 )
アメリカで取得
英語というより英語で一般教養

【子供の紹介】

上の子
そろばん大好きの理系っ子です。現地校に通ったのでいわゆる帰国子女ですが、保持教室には行っていないため、話す機会が全くないので微妙です。
読むことだけは続けており、毎日オンラインレッスンでニュース記事を1つ読んで、やる気のないディスカッションしています。

下の子
幼児期を現地で過ごしましたが、英語に関しては当時の記憶はほとんど抜けていると思います。
現在英語教室にはちょっとだけ通っていますが効果はあまり期待していません。
自宅でRaz-kidsを毎日読んでいます。


【一応夫の紹介】

私と対照的で全く勉強しません。
努力大嫌いなため、英語勉強しないで勘で駐在乗り切った野生男です。
医療系の研究者(一応博士)
駐在前のTOEICは600点
帰国後も勉強せずになんだかんだで820点
発音も文法もめちゃめちゃだけど、なぜか外人とすぐに友達になれる謎人間です。
飲み屋で外人見つけては無料英会話レッスン受けてます(笑)



アメリカに住んでいたから英語力上がったんでしょ?と思われるかもしれませんが、住んでいたくらいでは、駐在妻の立場では全くと言っていいほど英語力は身につきません。
私の場合日本で学習するのとほぼ同じ方法で毎日数時間(4~6時間)勉強していました。

現地での会話で度胸はつきましたが、英語力の向上に絶大な効果があったとは思っていません。
話す機会が多少あっただけで、日本でのオンラインレッスンと大して変わらない?
レッスンと違うのは、相手が容赦ないところと、たまに本当に困ったことになるので緊張感があるところでしょうか。


帰国後はすぐに薬剤師として復帰したため、隙間勉強のみですが、地道に続けております。
医療・医療英語がメインです。

今は勉強したいことが多すぎて、仕事、家事、子育て、そして勉強
毎日時間に追われながら頑張る普通のアラフォーです。


★スタプラについて★
現在スタディプラスで記録しています。
名前はケールではやっていません。
お友達申請ご希望の方は、非公開コメントにて検索ワードなどを知らせていただければこちらから申請致します。必ず候補から絞れるものでお願いします。
現在英語か医療を勉強されている方で、記録を公開している方に限らせていただきます。
記録がしばらく更新されない場合、お友達解消させていただくことがあります。
また、プロフィールのない方、目的がはっきりしていない方、100人以上お友達がいらっしゃる方はご遠慮させていただいております。



ブログを応援してくださる方、
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ村ランキング

ユニークアクセス数

右サイドメニュー

最新記事

あなたの単語力どれくらい?

自分の単語力ってどれくらいが気になる方、 Weblioさんのこちらでチェックできます! 語彙力測定診断 Weblioさんにはいつもお世話になっています。ありがたや

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR